大規模ストレージ Large scale storage

ハイパフォーマンスコンピューティングの性能向上に同期して、計算モデルも巨大化しており、計算モデルの巨大化に伴いストレージからロード/リストアするデータ量も巨大化しています。

こうした背景からストレージに求められる必要とする記憶容量や性能要求も日々高まっています。またデータの巨大化に伴い、信頼性や管理性に対する要求も高まってきています。こうした現状に対応する新しいストレージ・アーキテクチャや技術の進展により、従来からのトレンドも大きく変化しております。

当社では、以下の挙げる特長的なストレージ関連製品を取り扱っており、お客様の要件に合わせたご提案から構築・保守、運用までが可能です。

並列分散ファイルシステムを用いた大規模ファイルサーバ製品

並列分散ファイルシステムは、小規模のワークグループのためのクラスタから大規模なマルチロケーションのクラスタに及ぶ広い範囲のコンピュータクラスタに対して、ハイパフォーマンスなファイルシステムを提供するものです。

並列分散ファイルシステムはスケーラブルなファイルシステムであるため、大規模のクライアントノード、数百台のサーバー上に搭載された数十PBのスレージ、1TB/s以上の合計I/Oスループットを持つ、複数のコンピュータクラスタの一部として利用することが可能です。

機械学習に最適なIO性能の高いストレージ製品​

SSDやフラッシュストレージはHDDに替わる新たなストレージ技術ですが、従来の接続プロトコルであるSCSIやSATAではその限界転送速度を超えられないという問題がありました。NVMeはSSDおよびフラッシュストレージ向けに開発された通信プロトコル/インターフェースで、世界中の先進的なベンダーが参画する推進団体によって策定された規格です。

NVMeを採用することにより、コマンド発行回数が少なくキュー数が多いため、IOの並列処理性能が大幅に向上し、低レイテンシーの優れたパフォーマンスが実現されるほか、使用する CPU サイクルが少なくなるメリットもあります。

拡張性に優れ大容量データの保管に適したオブジェクトストレージ

オブジェクトストレージはデータを「オブジェクト」という単位で扱う記憶装置です。 ディレクトリ構造で管理するファイルストレージとは異なりデータサイズやデータ数の保存制限がないため、大容量データの保存に適しています。

オブジェクトストレージへのアクセスはHTTPS上のREST(Representational State Transfer)を利用します。ファイルシステムは通常使用されないため、OSに依存することなくWebアプリケーションのように利用可能です。

超長期間保存が可能なバックアップストレージ製品

HDDやテープの寿命は一般的に数年から数十年とされていますが、貴重な研究データを長期間保存可能なオプティカルディスク・アーカイブをご提供しています。

HOME > ソリューション > 大規模ストレージ

Information

Solution

Seminar & Event

Company

Contact


ISO27001認証登録概要

プライバシーポリシー