高速通信 High speed transmission

クラウド型HPCソリューションの採用に際しては、オンプレミス環境とクラウド用データセンター間における大量データの移動手法の確立は重要な検討課題となります。​

ハイパフォーマンスコンピューティングの性能向上にあわせて計算モデルも巨大化しており、ロード/リストアするデータ量もペタバイト級やテラバイト級になることが見込まれますが、それら計算処理に必要な元データはオンプレミス環境に蓄積されることが一般的だからです。​

大量の投入データをデータセンターへ移動する方法としては物理媒体を利用したデータ移動も選択肢ではありますが、運用の柔軟性および機動性を考慮するとオンプレミス環境とクラウド用データセンター間のネットワーク接続は必須といえます。​
しかしながら高価な広帯域専用線などの回線を調達しても、通常のTCP/IP通信ではその特性上、帯域を使い切るようなネットワーク運用は大変困難です。​
プラナスソリューションズでは、 TCP/UDPによるWAN最適化・高速化通信を実現するデータ伝送サービスをご提供しており、回線帯域を極限まで使い切ることを可能とします。​

また学術研究機関のお客様用にはSINET5のご利用をお勧めしています。さくらインターネットのデータセンターには共用利用を目的とした複数のSINET5回線(100Gbps/10Gbps)が引き込み済で短納期で利用可能です。SINET5利用の際にも、TCP/UDPによる伝送サービスは有効です。​

HOME > ソリューション > 高速通信

Information

Solution

Seminar & Event

Company

Contact


ISO27001認証登録概要

プライバシーポリシー